カジノ、犯罪、不動産投資。この3者に何らかの関連性があるかどうか疑問に思っている方はいませんか?そこで今回の記事では、カジノと犯罪と不動産投資の関連性を明らかにしていきます。

では、もう最初に結論から述べることにします。カジノと犯罪と不動産投資には、相当な関連性があると思い込んでいる人が一部いますが、それは単なる誤解に過ぎません。本当は、この3者には何の関連性もないのです。これには驚かれた方もいるかもしれませんが、筆者は偏見を持っているわけではなく、事実を述べていますので、気になる方はぜひ読み進めてみてください!

カジノと犯罪

まずは、カジノと犯罪から見ていきましょう。カジノと犯罪、この両者は全く違います。カジノは、海外のどこかの国あるいは地域で起きている犯罪とは何の関係もありません。これには確かな理由があります。カジノは、法的に認められている国で行われるものですから、あくまでも犯罪行為ではなく、大人だけが参加できる合法的な活動なのです。ですから、犯罪とカジノを結びつけるのは間違いだと断言できます。

カジノが法律で禁止されている国は、カジノとは何の関係もありませんし、その上、カジノが禁止されている国・地域のほとんどは、実は、カジノが合法である先進国よりも、犯罪発生率がはるかに高い後進国なのです。つまり、この点からも、カジノは犯罪とは何の関係もなく、繋がりもないことが証明されているのです。

ギャンブル業界は、法的な裏付けのある合法的なビジネスですが、もしもプレイヤーがギャンブルゲームのためにお金を盗んだりした場合、それだけで業界全体が犯罪と繋がりがあると考えるのは正しくありません。犯罪者はごく少数派であるため、特定の業界と関連付けることはできないでしょう。例えば、200人に1人のプレイヤーがギャンブルゲームのためにお金を盗むとします。この場合、残りの199人のプレイヤーは無罪であり、ギャンブル業界が犯罪の世界と繋がりがあることを意味するものでもありません。

カジノと不動産投資

不動産投資とカジノもまた、まったく異なる業界であり、相互に関係することはありません。不動産投資はギャンブルに等しいと考える人もいますが、実はその逆です。リスクに関して言えば、世界のどの国であっても、ほとんどすべての種類の投資にはそれなりのリスクが伴いますよね。ですから、不動産とカジノを結びつけるのは間違っています。どちらも別のものであり、どちらも合法なのです。

まとめ

以上の通り、カジノと犯罪と不動産投資は、直接的な繋がりはありません。これら3者をお互いに結びつけることは、何の根拠もないですし、法的な証拠にも基づくものではありません。ましてや、カジノを犯罪や犯罪者と結びつけるのはバカげています。ギャンブルはあくまでも合法的な活動ですから、カジノゲームをすることは合法的な行為であり、犯罪と結びつけてはいけません。不動産もまた、独自の条件、傾向、価値を持つ合法的な産業であり、ギャンブルとは何の関係もありません。